保険のすすめ

保険のすすめ

保険とはなにか

保険とは、事故、災害、病気など偶発的に起きる物事に被る経済的損失の補償制度です。

私たちは常に大きなリスクを抱えて生活しています。 例えば、火災で自宅が消失してしまうリスク、自動車で人を撥ねてしまうリスク、病気にかかるリスクなど挙げればきりがありません。そして、こういった事態が発生すると必ず問題となるのが経済的損失、つまりお金です。
状況に応じて損失額は一概ではありませんが、数百万円、数千万円、そして数億円というお金が必要になることがあります。一般的な収入では一生をかけても支払きれる額ではありません。 そこで、その損失に備えて自分の生活を守るのが保険なのです。

一口に保険といっても種類は多様です。大別すると、国による公的補償、会社による企業補償、個人による個人補償があります。
公的補償は日本国民なら契約する義務があり、企業補償は勤務先ごとに異なるものの勤め人が受けられます。その他、自分で必要と思う補償を選んで契約をするのが個人補償です。
例えば、大きな病気に備えたいのなら医療補償、自動車事故に備えたいのなら自動車補償、火災や地震に備えたいのなら火災補償などがあります。
ライフスタイルから選択できるので、大半の人は何かしらの保険を契約しているのが現状です。

生命保険の種類について

生命保険の基礎は、主契約と特約で成り立っております。主契約のみでも契約することができますが、特約は、主契約のオプションとして付加されるもので、保障内容を充実させる目的の契約です。
主契約の基本には、一定の期間死亡保障があり、安い金額で大きな死亡保険金が保障される定期。払い込みが終わったあとも一生涯死亡保障が継続できる終身。払い込み期間は一定で、その間に死亡したときには、死亡保険金を受け取ることができ、生存している場合には、満期のお金が支払われる養老の三つがあり、特約は、各保険会社によって、用意されているものが違います。

ほかには、病気や怪我で入院した際に定められる範囲の手術を受けたときなどに給付金を受け取ることができる医療。がんによる入院や、所定の手術を受けた際に給付金を受けることができるガン。ガン、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病を対象とした三大疾病保障。死亡したあと、契約時に定められた満期までの年金を受け取ることができる収入保障。契約時に定められた年齢から、一定期間にわたって年金を受け取ることができる個人年金などがあります。
特約は、主契約だけでは補うことができない保障内容を付加することで、あらゆる人のニーズに対応することができるようになります。

Favorite

外壁塗装・屋根葺き替えまでトータルで店舗のリフォームに取り組んでいます

店舗 リフォーム

症状によって西洋医学、漢方治療を取り入れております。

アトピー治療 久留米

福岡で皆様の新生活を気持ちよく、スムーズに迎えるために不用品回収を致します

福岡 不用品回収

シンプルな仕組みの販売在庫管理システム

在庫管理

日本全国、どちらの海での散骨も承っております

海洋散骨

業種を問わずフルカスタマイズされたページと、安心のサポートをご提供してくれるホームページ制作会社

ホームページ制作会社

神戸・姫路の税理士ならお任せください

神戸 税理士

創価学会仏壇は全て、安心・満足の仏具込み価格

創価学会 仏壇

Last update:2016/6/14